職人MADE 大川家具 by 大川市

株式会社 丸庄

PANCONE

【PANCONE】

SIZE:W88.2×D39.44×H38.97×SH16.8(cm)

「pancone」はイタリア語で「厚板」を意味します。このソファは、無垢の厚板を存分に使い、木の自然の美しさ、暖かさを生かしたデザインを目標に開発しました。また、美しい革張りで、存在感・重厚感のあるソファになっています。オリジナルの加工技術「ウェーブ加工」を施した肘置きは、なめらかに波打っており、思わず触ってみたくなる仕上がりです。

株式会社丸庄 酒見社長 ネコ
質問1丸庄はどんな会社でしょうか。作られている家具の特徴など。
酒見社長
「Especially for you」をモットーに、お客さま一人ひとりに合った家具づくりをしています。作っている家具は、無垢の木が持つ節や入り皮を生かしたデザインが特徴です。木の表面に自然な波形の凸凹を付ける「ウェーブ加工」は当社オリジナルの加工技術です。どこにも負けない家具をつくるために、職人一人ひとりが自ら考えて家具づくりに取り組むという事を大切にしています。受けた仕事は絶対に諦めない、最後までやり通すということをずっと続けてきました。
質問2最初に「ネコ家具」を作ると聞いた時の感想は。
酒見社長
ネコ家具を作るというのはもちろん初めてですが、お客様に合った家具を作るという点では、普段の家具づくりと同じだと思いました。ですので今回の製作は若手チームに任せてみて、モノづくりに向き合う良い機会になればと思いました。
島崎さん
単純におもしろいと思いましたが、本当の趣旨、ネコが座るということの奥に大川家具の技術力のアピールがあるということを知って、なるほどと。それならうちもアピールできる部分がある、こだわりを入れて作りたいと思って取り掛かりました。
ネコ ネコ
ネコ家具制作 特注の刃で細かいカーブを再現します。
質問3ネコ家具製作のこだわりポイントは。
島崎さん
肘置きのウェーブ加工もこだわりの一つです。普段この部分の削り出しに使っている機械の刃では大きすぎるため、今回用に特別に刃も作っています。元々の家具が、木目や節のふくらみを活かしていくデザインなので、小さくなってもバランスよく見えるように、節のサイズやウェーブの大きさに注意して削り出しました。
松延さん
人間用と同じように分解できる構造にした所です。このサイズに使える連結用の金具もなかなかないですし、同時に強度も保たないといけないので、そこを両立させるのが難しかったです。設計図の段階では見えてこない様々な課題を、先輩のアドバイスをもらいながら一つ一つクリアしていきました。
ネコ家具制作 分解できるところも人間用と同じ!!
質問4今後の展望についてどのようにお考えですか。
酒見社長
挑戦し続ける企業でありたいと思っています。言葉で言うのは簡単ですが、実際はすごく難しいことです。ほとんどがうまくいきません。でもそれを乗り越えた先にモノづくりの喜びがあると思います。今回このプロジェクトを任せた若手の職人たちも、色々と悩みながらも挑戦し完成させて、モノづくりの苦しさとうれしさを感じられたと思います。そして最初から最後までやり通したことで「これは自分が作った家具なんだ。」と胸を張って言えるような自信にもなったと思いますし、同時にもっとこうしたいという欲求も出てきたと思います。そういった「自分で考えるモノづくり」という経験が今後の家具づくりに活きてくれればと思います。
ネコ ネコ
ネコ家具制作
ネコソファ
SIZE:W88.2×D39.44×H38.97×SH16.8(cm)
ネコ家具 ネコソファ ネコ
株式会社丸庄

ネコソファについてのお問合せはこちらまで

株式会社丸庄

福岡県大川市酒見543

tel:0944-86-3651

HP:http://k-marusho.com

その他の家具をチェック!【CLICK】